• ホーム
  • 業務のご案内
  • 検査の承り手順
  • 会社概要
  • 調査レポート
  • トピックス
  • お問合せ

ホーム業務のご案内食品検査・環境検査

食品・環境検査
食中毒菌検査 衛生指標菌検査 期限設定試験 カビ・細菌の同定 異物検査 レジオネラ属菌検査

食中毒菌検査
食中毒菌検査
食品の安全性を検査します。
原材料、最終製品の食中毒菌(サルモネラや黄色ブドウ球菌など)の有無を調べて、食品の安全性を評価し、食中毒を予防します。

衛生指標菌検査
衛生指標菌検査
食品の衛生状態を検査します。   
原材料、最終製品、製造環境中の衛生指標菌(一般細菌や大腸菌群など)の菌数を調べて洗浄・殺菌効果の検証や加工・保存・輸送・提供までの評価を行い、食品の腐敗、変敗を予防します。

期限設定試験
 
食品の消費期限、賞味期限設定の根拠を検査します。
食品を一定条件(温度、時間、日数など)で保存した場合の菌数の変化を検査し、その結果(科学的根拠)をもとに食品の期限設定を行います。

カビ・最近の同定
 
食品クレームの原因を究明します。
食品の腐敗、変敗、膨張等のクレーム原因である細菌やカビの属又は種を同定し、汚染原因・汚染経路を究明することにより菌の種類に応じた適切な対策を立てて再発を防止することができます。

異物検査
異物検査
食品に混入した異物の分析を行い異物混入の再発を防止します。  
異物が何であるか(虫、金属、プラスチック、繊維、毛など)を調べ、それがどこに由来するものであるかを知ることで、異物の再混入を防止することができます。

レジオネラ属菌検査
排水
クーリングタワー中を還流している水や循環風呂、ジャグジーでは、レジオネラ菌が繁殖しやすい環境であることから増殖している場合があります。お年寄りがこの菌に感染したケースが時々みられます。多くの人達が利用する施設においては検査して、予防策をとる必要があります。
PAGETOP